カテゴリー:クレームブリュレとプリンの違い

2098年04月19日

クレームブリュレとプリンの違いとは

minouburyure.GIF

クレームブリュレとプリンの違いは
まず
使用されるものが
・クレームブリュレ⇒生クリーム
・プリン⇒牛乳

という違いがあります。


作り方では
・クレームブリュレ⇒オーブンで焼く。
・プリン⇒固めるだけ。
というところが違います。
「焼きプリン」というものもありますが・・

クレームブリュレの場合は、焼きあがった後
さらにバーナーで表面を熱します。








posted by オカダ at 16:39| Comment(0) | クレームブリュレとプリンの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

フランス語でクレームはクリーム、ブリュレは「焦がす」という意味

bisutorokure-mu02.JPG
「普通のブリュレ!?」と、「クレームブリュレ」があると思っていませんでしたか?

実際は、「ブリュレ」は「焦がす」という意味です。
フランス語です。
「クレーム」は「クリーム」という意味。

「クレームブリュレ」を略して「ブリュレ」と呼ぶこともあるので紛らわしくなります。

表面の焦げ目がバリバリしているところが、プリンとのハッキリとした違いです。
そして、
中身も、プリンよりも遥かにドロっとしているのがクレームブリュレです。

⇒大阪で人気のクレームブリュレ「箕面ブリュレ」の通販は楽天で






posted by オカダ at 22:09| Comment(0) | クレームブリュレとプリンの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表面のバリバリが重要のクレームブリュレ

creamu001.JPG
クレームブリュレは、表面のバリバリしたところが美味しいです。
自宅で作って、友達に宅配便などで贈る場合・・
バリバリが無くなりやすいのが難点。


時間が経つと消えやすいです。
バリバリを長く保つ秘訣として、
通常なら出来上がったものに、もう一度グラニュー糖をかけてバーナーで熱するという方法もあります。

少し厚いバリバリになるかもしれません。
それでも、多少、長持ちする効果はあります。

通販では大阪で人気の「箕面ブリュレ」などは上手く出来ています。

⇒大阪で人気のクレームブリュレ「箕面ブリュレ」の通販は楽天で





posted by オカダ at 22:07| Comment(0) | クレームブリュレとプリンの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓流
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。